バナー

交通事故にあったら弁護士に相談を

交通事故に遭い、慰謝料に関する交渉をする場合、弁護士に相談をする事がお勧めです。

慰謝料に関する交渉は、加害者に対して行うのではなく、加害者が加入している保険会社と行う事が殆どです。

交通事故の弁護士の情報を公開しています。

保険会社は、支払う金額を少しでも抑えたいと考える事になります。
ただ、交通事故というのは、滅多に遭うものではありません。

それだけに、慰謝料等を提示されても、それが高いのか安いのか判断をする事が出来ません。
保険会社が、通常よりも高い慰謝料と言えば、提示された慰謝料がとても安いものであっても、それが高いと信じこんでしまう事は少なくありません。
そして、落ち着いた時に、その金額が低かった事に気づいても、そこから再び交渉をするという事は出来ない状態となってしまいます。

ですから、事故や慰謝料に関する知識がない状態で、保険会社と交渉を始めると、言われるままの金額で納得するしかない状態となってしまいます。



ですが、弁護士等、交渉のプロの相談をすれば、適正な慰謝料を請求する事が出来ます。

All Aboutの情報はこちらです。

増額する事が出来る慰謝料よりも、相談料の方が高くなってしまうのではないかと考える人も少なくありませんが、支払う金額は、増額の10%から20%が相場となっています。

保険会社との交渉の時点では、慰謝料は出ない話になっていたのに、プロが交渉をすると、多額の慰謝料を受け取れるという事も珍しくありません。
ですから、交通事故に遭ったら、弁護士に相談をしてみる事がお勧めです。